黒肌好きも日焼け止めを塗らなきゃならない理由

image

5月のGWも終わり、梅雨の季節に近づいてきます。

気温は高まり露出も増えてきましたね!

そんな時に気をつけたいのが紫外線。

 

「まだ夏じゃないから大丈夫!」と思っていたら、気づいた時には肌がくすみ、Tシャツ焼けをしてることってありませんか?

5月からは紫外線量もupして、毎日降り注いでいます。

特に、年々紫外線も強くなり肌悩み、肌トラブルを抱えている方もたくさん。

あの日焼け止め特有のもたついた感、匂いが苦手って方は、面倒くさがらず、手軽なスプレータイプやジェルタイプからでも初めてみましょう。

日焼け止めの塗り方も手のひらにとって伸ばすのはNG!

(顔の場合は手のひらに出してからでも問題ありません)

体の場合は、手のひらにとって伸ばすと、塗り忘れたりムラができてしまいます。

腕や脚全体に出して、手のひらでしっかり伸ばしてみましょう。

image

 

そして、わたしは黒肌派!という方は、日焼け止め塗らないはNG。

ただ紫外線を浴びた黒肌はくすんだり、肌が乾燥してゴワゴワ。

皮膚ガンだって引き起こしやすくなりますし、さらに将来はシミに悩まされる日がきます。

黒肌が好きで焼きたいなら、白人のモデルたちのような透明感ある綺麗な黒肌にしませんか?

image

海では日焼け止めを塗っていたって日焼けはしてしまうもの。

 

日焼け肌が好みの方は、SPFが低い日焼け止めを塗りうっすらと綺麗に日焼けさせることで肌の老化をやや妨げることはできます。

 

白肌の方は徹底とこまめに。

そして5月から毎日日焼け止めを塗りましょう。

頭皮にだって日焼けはするので、帽子やヘア専用の日焼け止めもオススメですよ。

image

黒肌の方はサンオイルよりSPFが低い日焼け止めで守りながら日焼けしましょう。

 

いつまでも肌悩みのない肌のために。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です